用具の選び方

絵てがみを描く用具は何でもかまいません。自分にあった用具を選び自由に表現すれば良いのですが、ここでは基本的な顔彩と墨と筆、はがきなどの用具揃えをご紹介します。


顔彩
日本画用の絵の具で、澄んだ美しい発色の色合いです。顔彩は色数を多く混ぜると濁るので、色混ぜは2色〜3色までとし、できるだけそのままの色を使ってください。初めは12〜24色位のセットが使いやすいでしょう。また、1色ずつバラ売りもされているので好みの色を買い足せます。
青墨(せいぼく)
青墨を使用します。やわらかで落ちついた青みの灰色で顔彩の色を引き立てます。他に水墨画で使用されるねり墨(粘度の高い液体墨)なども使用できます。
墨を使う筆と色を塗る筆、2本を用意します。書道用の小筆で代用することも出来ますが、輪郭線用には穂先が長めの筆の方が線に強弱が出て、味のある線が描けます。彩色用には穂先が短めの日本画彩色用の筆が良いでしょう。また、各種水彩画用筆も使用できます。
はがき大の作品を描くのには大きな硯は必要ありません。学校書道などで使用していた硯で十分ですが、使用の際は硯をよく洗い、前の墨を落としてから使ってください。
はがき
はがきはにじみが美しい画仙紙か、水彩紙のものなどをお好みに応じてお選びください。官製はがきは筆がすべったり、色が定着しにくいので、初心者にはおすすめできません。
梅皿
絵の具をまぜるパレットです。白い小皿や、市販されている安価な簡易パレットでも代用できます。
筆洗
筆を洗うのに使います。仕切りのあるものなら筆を洗ったとき色が混ざらず便利ですが、空き瓶などを使用しても良いでしょう
印は消しゴムや印材を彫ってオリジナル印を作ります。便利なアイテムとして、個性的な文字がステキな黄銅いろは印や、印泥(朱肉)のいらない浸透いろは印などもあります。
印泥(いんでい)
印は消しゴムや石材などで自分のものを作りましょう。印泥とは朱肉のことで、いろいろな種類、色調のものがありますが安価な中国製のもので十分です。新品のものはへらで練ってから使います。

描き始める前に

ここでは基本の道具の使い方や描き方を説明しています。道具の特徴や描き心地を試してみましょう。

準備

筆のおろし方
糊づけされたままの穂先を指でつまんで、左右に折り曲げるようにしてすべてバラバラにほぐしていきます。糊で固めてある穂先は水で洗い流してから使いましょう。
墨のすり方
少量の水を硯の岡に注ぎ、大きな円を描くようにすります。すり終えたら硯の池に落し、またはじめから繰り返します。
墨のつけ方
墨を筆の根元までたっぷり含ませてから硯の縁で軽くしごき、さらに余分な墨をティッシュペーパーで軽くとってから描きはじめます。



線の練習

はじめての人でも味のある線が描けます。
半紙を1枚用意して、筆に墨をつけ、線の練習をしてみましょう。

1.筆の上のほうを持つ
まず、筆の上の方をもち、紙に対して垂直にたてます。こうすることで緊張感と集中力が生まれ、味のあるいい線となります。
2.左から右へゆっくり引く
半紙を横位置におきます。
肩の力を抜き、穂先に神経を集中して、なるべく細い線を左から右へゆっくりと引きます。
3.いろんな方向へ引く
右から左、上から下、下から上と線を引き、練習してください。
筆を運ぶ速さは、10cmの直線を1分かけて引く位の気持ちで行なってください。
4.曲線を練習する
次に渦巻きを描き曲線の練習をしてみましょう。渦の幅を同じにして、内から外に直線と同じく、ゆっくりと描いてください。
5.文字の練習をする
同じ持ち方のまま、文字の練習もしてみましょう。活字のような読みやすい字を書いてみてください。




顔彩の使い方

色を混ぜるときは梅皿やパレットを使います。
別の色をとる時、必ず一度筆を水で洗い、きれいにするのが美しい彩色のコツです。

顔彩の単色だけでは出せない色は梅皿などで2〜3色混ぜて使います。
混色をする際は、試し書きのはがきを1枚用意して、色を確認しながら行うと良いでしょう。

また、顔彩は乾くと色が少し薄くなるので、多少濃い目の色を塗るようにします。


筆の使い方

輪郭線
下描きはしません。全体ではなく中心となる部分から筆を進めます。
墨は出来るだけ浸け足さず、ゆっくりじっくり筆を動かすのがコツです。
彩色
うすい色から彩色します。
必ず部分的に塗り残しを作りましょう。
穂先全体を使ってトントンと"色をおく"ようにするのがコツです。


絵てがみの基本スタイル

題材は何でもかまいません。季節の果物や野菜、食材、料理、植物、散歩道の風景。また、思い出の品や小物、ペットなど・・・。心に残った出来事や感じたことを感じたままに描きましょう。

絵てがみは、手紙に比べて短い言葉で簡単に気持ちを伝えることができます。心に浮かんだ言葉を添えて、絵とのバランスを大切に描きましょう。また、ちょっと形を崩したり、四角を丸く書くなどして自由に楽しく遊び心で描いてみましょう。

輪郭線を大きくゆっくりと描く

はがきからはみ出すように大きく描くと、迫力のある構図になります。


色を素早く置く

ベタベタ塗らずに色をトントンと素早く置くようにします。全て塗らず余白を残すとより雰囲気が増します。

言葉を添える

個性がある文字は魅力的なものです。上手く書こうとせず真心を込めて・・・。

仕上げに印を押す

仕上げに印を押すと作品全体が引き締まります。

完成した絵てがみを送る

出来上がった絵てがみは、必ず誰かに送りましょう。心を込めて描いたものは、きっと相手に喜ばれます。


絵てがみを描くー実際に描いてみましょう

「絵は苦手だから・・・」と難しく考えることはありません。絵てがみは上手に描こうと思わず、自分の思いのまま描いてみればいいのです。下手な分だけ、気持ちを込めて描けば、いいのでのす。個性がある絵や文字は魅力的なものです。まずは身近なものから描いてみましょう。


描く題材は身近なもので選んでください。


題材をよくみて、果物ならばヘタなどのポイントとなる部分から描きはじめます。



輪郭線をはがきから、はみ出すくらいに大きく描きます。ヘタの周りのすじや、表面のもり上がりも丁寧に描きましょう。


彩色は薄い色から素早く塗ります。を余白を残しながら全体に塗ります。


次に濃いめのを塗っていきます。その際、先に塗った薄い色と重なってもかまいません。


すべて塗ってしまわずに、つやの部分等に余白を残してください。


ヘタの部分に黄草を塗ります。


ヘタの切り口に黄土を塗りポイントにします。


最後に言葉を添えます。自分の言葉を飾らずに書くことが大切です。


仕上げに印を押します。

消しゴム印を作るー手作りの絵てがみには手作りの印を

手作りの絵てがみには手作りの印を。手軽な消しゴム印の作り方をご紹介しましょう。消しゴムは柔らかいため、手軽にオリジナル印を作ることができます。手を切らないように注意して、消しゴム印を作ってみましょう。


消しゴムを作りたい印の大きさに切り、紙に形を鉛筆で描きます。


自分の名前の一文字などを濃い目の鉛筆で書きます。


書いた上に消しゴムを押し付け文字を写します。


油性のペンで文字をなぞると、はっきりとわかり、彫りやすくなります。


次に印面に朱肉をつけ、ティッシュで軽くふきとります。こうする事で、彫り跡がわかりやすくなります。


カッターナイフで彫っていきます。


絵と文字をさけて、余白にバランス良く押して出来上がりです。

彫り方のポイント


1. 彫るときはなぞる様にゆっくり軽く彫りましょう。
2. 曲線はカッターを動かさず、消しゴムを静かに動かした方が彫りやすいです。
3. 角ではカッターを抜き、再度刃を45度に傾けて刃を入れ直し、彫り残しのないように心掛けましょう。
4. 失敗した時は、その面をカットすれば何度でも作り直せます。
石の印(てん刻)にも挑戦しましょう。

消しゴム印の種類


白文(はくぶん)
原稿が写った部分を彫ってゆきます。(押したとき、文字が白くなります。)
朱文(しゅぶん)
原稿が写った部分を残して、彫ってゆきます。(押したとき、文字が赤くなります。)



株式会社 呉竹様より抜粋しました。

水彩・デッサン額

油絵・日本画額

その他の用途の額

額用品・イーゼル etc

画材

その他

店舗情報

・店舗案内

・アクセス

・リンク集1

・リンク集2

・ブログ

・サイトマップ

営業日カレンダー

2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
土日祝日は大型商品が出荷出来かねます。誠に恐れ入りますがご理解賜りますようお願いいたします。

モバイルショップ